録画機能付き防犯カメラの効果的な設置場所

泥棒の心理を理解し録画機能付き防犯カメラの設置場所を決めよう

録画機能付き防犯カメラの効果的な設置場所

防犯カメラ

泥棒が侵入しやすい家

泥棒は、侵入しやすい家に狙いを定めるために「人目につかない」「高価なものを盗むことができる」「簡単に侵入できる」というという部分に注目し、念入りに計画を立てて侵入を試みています。スキのある家だと、狙われやすい可能性もあるので防犯対策として録画機能付きの防犯カメラの設置をおすすめします。

泥棒が侵入を諦める家

泥棒は、きちんと防犯対策を行っている家にはなかなか近づこうとしません。泥棒が侵入を諦める理由に、侵入目的で鍵を開ける際に10分以上かかってしまう、人通りが多い、番犬がいる、防犯装置設置マークがあるといった理由があります。
そのような条件をクリアすることで、安全に暮らせる環境をつくることができるのです。

防犯カメラを設置する場所

泥棒が侵入を諦める家の条件から考えると、ひと目につきにくい場所が狙われやすい可能性があります。そのため、防犯カメラを設置する場合は自宅の死角になりやすい場所を探してみましょう。ベランダなども死角になりやすい場所といえるのではないでしょうか。
また、玄関などのわかりやすい場所に防犯カメラを設置することで、泥棒以外にもストーカーや嫌がらせ対策を行うことができます。

広告募集中